<< 京都「おいしい政治 トークカフェ」でお話します | main | 冬の平塚市議会、江口の登壇日は9日(水) >>

平塚は大神の畑で手前味噌をつくろう 大豆収穫できた!




11/9、平塚は大神地域の畑で大豆の収穫をしました。どうかな。意外にとれました。大豆を引っこ抜いて束ねて上を向け、乾燥させる作業まで。みなで黙々とやってあっという間に作業は終えました。ここは開発工事がすすむツインシティ計画地内の畑です。地元の方の畑作業をお手伝いする形で、今年は7月に大豆の種まきをしました。それが嬉しいことにちゃんと実ったというわけ。年明けには、大神大豆で手前味噌をつくろうと企画しています。

収穫作業を終えて長靴のまま地元地権者さん宅の玄関先にあげてもらった。目下大神エリアですすむツインシティ開発についていろいろお聞きしました。

ツインシティ開発。これはそもそもは壮大な県の計画で、新幹線新駅をお隣の寒川町につくって、新しく橋をかけてつないで、寒川と平塚側の大神地域で「ツインシティ(ふたごのまち)」をつくるものなんだけど、壮大な計画はどこかにかなぐり捨てて、現在は平塚の大神エリアだけ開発がすすめられています。ふたごじゃなくてシングルシティ開発ですね。今はまだ田畑が広がるここにはイオンモールと巨大倉庫と住宅をつくる計画です。多額の税金も使われます。果たしていくらになるのかまだ全体が見えてない。下水道事業費など一度も具体的金額が出てきたことがない。そんな状態。だけどもゼネコンつかって、開発に慎重な地権者さんの外堀埋め、猛スピードで発進しています、、、。今年度から土を盛ったり掘ったり実際に工事がはじまる。

だから開発に慎重な地権者たちはかなり外堀うめられてる感がある。でもそれにもかかわらず「無駄なことはないからね」と言いながら、目の前に繰り広げられる理不尽に向き合う地権者さん。その人懐こい笑顔が清々しかった。草刈り鎌貸してくれてありがとうございます。

さて次回大豆作業は、11月25日(水)午前9時から午後3時くらいまで。お弁当、水筒、マスク持参で。あと長靴をはいてきてください。大豆の豆を叩く作業と来年のための土作り作業をします。土作りは、炭素循環農法実践者の中村隆一さんに教えてもらいながらやります。その次は、12月9日。こちらも水曜日。緑肥まきをします。



 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM